1. M&Aを検討するなら【ミツカル】
  2. > コラム
  3. > 財務戦略
  4. > プロパー融資を受けるためのポイント/銀行を知り融資を受けるポイントを解説

財務戦略

プロパー融資を受けるためのポイント/銀行を知り融資を受けるポイントを解説

 

「プロパー融資を受けるにはどうしたらいいのか?」

「そのために何が必要なのか?」

「何から手をつければいいのか?何をどうすべきか?」

 

 

数多くの経営者が気になることかと思います。

今回はプロパー融資とは?といった基礎的内容からプロパー融資をうけるためのポイントについて解説します。

 

融資の種類

 

銀行、信金などの金融機関では、融資の種類を「保証が付くか、付かないか」で区分けしています

 

 

代表的なところでは、公的機関である信用保証協会の保証付き融資(銀行では「マル保」などと呼称)や、民間の保証会社などの保証を付けた貸出をまとめて「保証付き融資」と呼んでいます。 

 

 

一方、保証協会などの保証を付けない融資を一般的に「プロパー融資(略してプロパー)」と呼んでいます。

 

 

両者の最大の違いは、保証が付くか付かないかです。

 

プロパー融資とは

 

保証付き融資は「信用保証協会の保証が付いた融資」、プロパー融資は「保証を付けずに、銀行が直接貸し付ける形態の融資」とも表現できます。

 

 

保証が付かず、債務者と銀行が直接に契約する点からプロパー融資を「直接融資」または「信用貸付」とも呼びます。

 

 

プロパー融資では、融資が返済できなくなると、債務者本人や保証人から取り立てない限り、銀行は融資金を回収することができません。

 

 

そこで債務者や保証人が不動産を持っていれば、不動産を担保とするのが一般的です。

 

 

銀行がいきなり無担保でプロパー融資することは、まずありません。

 

 

保証協会付き融資とは

 

 

保証協会付き融資は略して「マル保融資」とも呼ばれます。

 

 

公的機関の信用保証協会が融資の保証をすることで、中小企業など信用力が乏しい会社でも融資が受けやすくなる仕組みです。 

 

 

原則として、融資には保証人が必要です。

融資が返済できなくなったときに、債務者に代わって返済するのが保証人です。

 

 

しかし、リスクのある保証人なる人は、見つけるのが大変です。またせっかく保証人を見つけたとしても、銀行が認めるとは限りません。

 

 

そこで、信用度の不足する(低い)中小企業のために、信用保証協会が融資の保証をする、つまり「信用保証協会が保証人になってくれる」のが保証付き融資です。

 

 

保証付き融資では、返済できなくなった場合には信用保証協会が一旦全額立て替えて返済し、そのあとは信用保証協会に対して返済していくことになります。

 

 

これが代位弁済で、銀行から見れば、融資が回収できないリスクの低い融資と考えられます。

 

 

中小企業などは、まず保証付き融資を利用して、返済を続け実績と信用度を積み重ね、プロパー融資を利用できるようになる、というのが良くある流れです。

 

 

>>経営者保証ガイドラインの事例

 

 

プロパー融資のメリット/デメリットとは

 

次に、プロパー融資のメリット、デメリットを説明します。

 

 

プロパー融資のメリット

 

 

プロパー融資のメリットは

 

低コスト(保証料が不要)で資金調達できる

プロパー融資を受けていることで会社の信用度が増す

 

などがあげられます。

 

 

保証協会付き融資では、融資の保証をしてもらう対価として保証料が必要になります。

 

 

プロパー融資は保証協会付きではないので、保証料も不要なのでコストが節約できます。

 

 


<参考>

 

【計算例】
貸付金額1,200万円,信用保証料率 年1.15%,期間24ヶ月,満期一括返済の場合
 信用保証料=12,000,000円×1.15%×24/12=276,000円

 

東京信用保証協会/信用保証料の計算例

https://www.cgc-tokyo.or.jp/business/guarantee_fee/calculation.html 


 

 

上記は短期資金の例です。

長期分割返済の場合は、分割係数など計算要素に加わります。

 

 

信用保証料の率(保証料率)も企業規模、業績などにより0.45%~1.90%(年率/東京信用保証協会の場合)と幅があります。

 

 

融資金額次第で信用保証料も大きい金額になります。

例えば融資額5,000万円、10年分割返済、保証料率1.90%の場合、

信用保証料の総額は5,225,000円にもなります。

 

 

*東京信用保証協会の場合、サイトのシミュレーションで計算

東京信用保証協会/信用保証料簡易シミュレーション

https://www.cgc-tokyo.or.jp/business/simulation/gfsimulation.html  

 

 

プロパー融資のデメリット

 

 

プロパー融資のデメリットは、返済できなくなったときが大変という点が一番です。

 

 

仮に不動産などを担保に入れていた場合、返済できなくなれば銀行は不動産を売却して借入を回収しようとします。

 

 

担保不動産を競売(強制的な売買で、購入希望者を募集して入札形式で行なわれます)で資金化するのですが、一般相場より安い金額で買い叩かれることが多いのが現実です。

 

 

・担保になっていた工場や、自宅も競売にかけられた

・それでも売却金では足りずに、借金が残ってしまった

・元手も無い、家も失った

 

最悪の場合、自己破産や一家離散といった結末もあります。 

 

 

保証協会付き融資とプロパー融資の使い分け

 

 

保証協会付き融資とプロパー融資を、債務者から希望して選択するまでには、相応の取引実績と取引期間が必要になります。

 

 

融資を申し込んだあと、どのように対応するかは銀行側に決定権があります。

したがって基本的に、両者を使い分けることはむずかしいです。

 

 

ただし国や県などが政策的に推進する制度融資(最近ではコロナ関連の実質無利子融資など)などは、希望すれば優先的に対応してもらえます。

 

 

>>短期借入金と長期借入金の違いと上手な使い分け方とは?

 

 

プロパー融資を受けるポイントとは

 

 

保証会社保証の無いプロパー融資は、なんといっても融資金が返済できるか(銀行から見ると融資が不良債権にならず回収できるか?)が重要なポイントです。 

 

 

以下、詳しく説明していきます。

 

 

プロパー融資の審査はなぜ厳しいのか?

 

 

融資金が回収できなくなればすなわち不良債権となります。融資額にもよりますが、銀行経営にも重大な影響を与えるので、プロパー融資の審査は厳しくなるのです。

 

 

また直接融資という別名もあるとおり、銀行の資産査定に大きく影響する点も原因です。

 

 

銀行は、預金を預かる公共的な立場から、経営の安全性を維持しなければなりません。

 

 

銀行は預金を預かり、融資して利息をもらい成り立っています。これを「金融仲介機能」といい、この金融仲介機能があるから金融機関と呼ばれるのです。

 

 

銀行から見れば、満期まで預かり利息をつけて返す預金は負債(借金)であり、貸出して一定期間で返済してもらう融資は資産(債権)となります。

 

 

一般企業とは資産と負債が逆になっているのです。融資は債権、つまり財産なので、その価値を自己評価して監督官庁に届け出ることで健全性を報告します。これが「自己査定」と呼ばれるものです。

 

 

プロパー融資は保証協会付き融資と違い、直接銀行が融資しているので査定の評価としては保証付き貸付より低くなります。また融資している企業の決算状況で査定額も変動し、仮に企業が破綻すると回収不能の「不良債権」となり、自己査定でも大きくマイナスになります。

 

 

プロパー融資が不良債権化すると銀行の健全性に大きくマイナス作用するため、プロパー融資をする顧客は厳しく見極める必要があり、当然に審査も厳しくなるのです。

 

 

>>銀行が決算書を見るポイントとは?融資を受けるためのヒント

 

 

銀行は何を見て判断するのか?

 

 

判断する要素はいくつもあり、銀行によっても違いますが、代表的なものとしては

 

 

・業績は順調に推移してきたか?

・今後も順調と予想できるか?

・企業や、属する業界には将来性があるか?

・債務者本人、会社なら企業と代表や役員は人物的に信用できるか?

・保証人には資産や収入など、融資を返済する能力があるのか?

・不動産など、担保にできる資産は?

・銀行にとって派生する取引などメリットが期待できる相手か?

・地域活性化など、融資することで銀行の評判が良くなる相手か?

 

 

などを重要な判断材料として融資するかを決めています。

 

 

細かく分けると上記のようになりますが、共通しているのは「返済できるのか?」という視点であり、プロパー融資が厳しく審査されることが、ここからも見て取れます。

 

 

融資を申し込むタイミングや適切な時期とは

 

 

タイミングや時期については「実績の積み重ね」につきます。

中小企業などは、まず保証付き融資を利用して、返済を続け実績と信用度を積み重ね、プロパー融資を利用できるようになる、というのが良くある流れです。

 

 

プロパー融資をするか、決定権は銀行にありますので、認めてもらえないうちはどれだけアピールしても難しいでしょう。

 

 

しかし、上記のように銀行と関係が深まるにつれ発言力も増してきます。

 

 

「そろそろプロパー融資も考えて欲しいのですが?」と言えそうな関係になってきたと感じられたときこそ、適切なタイミングとも考えられます。

 

 

プロパー融資を受けやすくするポイントとは?

 

 

プロパー融資が受けられるポイントは上記したとおりです。

一方で受けやすくするポイントとは、ギブアンドテイクといった部分です。

 

 

プロパー融資を検討してもらえる関係になってきたなら、銀行にとってメリットがある顧客になることが重要です。

 

 

説明してきたように、銀行にとってリスクの高いプロパー融資なので、通常融資するかを諮る文書(稟議書と言います)では、その顧客が銀行をどれだけ儲けさせてくれるのか?などをプラス要素でアピールします。

 

 

例えば

 

 

・月末など融資残高を増やしたいとき、必要なくてもお付き合いで借りてくれる

・クレジットカードや積立預金などキャンペーンのするとき協力してくれる

・銀行OBの講演会など主催するイベントに、積極参加してくれる

・新規の融資見込み先となる会社を紹介してくれる

 

 

こうした点が、銀行に評価されるとプロパー融資も受けやすくなる可能性があります。

 

 

>>銀行との上手な付き合い方とは

 

 

まとめ

 

 

保証協会つき融資と違い、リスクの高いプロパー融資では、銀行でもリスクを考えて審査は厳しくなります。

 

 

しかし、銀行と良好な関係を保ちながら、実績を積み重ねっていけばプロパー融資も受けることができるようになるでしょう。

 

 

焦りは禁物ですが、ある程度は待つことも必要です。

 

 

ただし、あなたがいろいろメリットを提供し、業績などもプロパー融資を受けるのに十分だと考えられるのに、いつまでもプロパー融資をしてもらえない場合は、その銀行との付き合い方も考え直す必要があるかもしれません。

 


全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.