1. 会社売却コンサルティング【ミツカル】
  2. > コラム
  3. > 用語集
  4. > 敵対的買収とは

用語集

敵対的買収とは

買収先企業の経営陣や親会社の同意を得ないまま、株式を取得することで経営権を得ようと仕掛けることを指します。

 

 

一般的に株式の3分の1取得で株主総会への拒否権を得られ、過半数でその企業を子会社化して実質的に経営権を握ることができるため、この株式取得を敵対的企業と争うことになります。

 

 

ただし、仕掛けられた経営陣にとっては敵対的であっても、経営陣以外の株主や顧客、従業員にとっては友好的であったりする場合もあります。

 

 

また商法の規定により、3分の1以上の株式を保有する場合は原則として株式公開買い付け(TOB)によらなければならないため、買収側の企業は新聞などで企業の株式買収を事前に公表し、株式買取を公募する必要があります。


全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.