1. 経営のことなら経営1000略
  2. >デューデリジェンス(買収監査)とは

用語集

デューデリジェンス(買収監査)とは

2018/04/18

M&Aなどを行なう際に対象企業の不動産や金融商品などの資産価値を調査し、また様々な観点からM&Aに対するリスクがないかの洗い出しを行なう作業です。

 

 

この結果はM&Aにおける企業価値に反映され、投資判断の材料になります。

 


業績推移や簿外債務を確認して財務状況からリスクを把握するファイナンス・デューデリジェンスや、登記内容や契約書などの法律・法務の観点から調査するリーガル・デューデリジェンス、その企業の商品やサービス、マーケティングなどの事業内容を把握するビジネス・デューデリジェンスのほか、人事、技術、不動産、環境などの観点からも調査が行なわれます。

 


多額の資産や人材が動くM&Aにおいてはリスク分析が非常に重要となり、デューデリジェンスはその基準となるため重要性がより高まります。


特集記事

  • 担当者と手数料について
  • 専任専属契約について
  • 500万円以下のM&Aという選択肢
  • ミツカル

全国で無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2021 BIZIGN. All Rights Reserved.