1. 会社売却コンサルティング【ミツカル】
  2. > コラム
  3. > 用語集
  4. > レーマン方式とは

用語集

レーマン方式とは

移動した資産の価格に対して、変動する一定の割合を乗じて価格を算出する成果配分方式のひとつを指します。

 

 

M&A仲介会社やM&Aアドバイザリー会社などの成功報酬における一般的な計算方法であり、主に以下のような料金体系です。

 

 

取引金額が5億円までの部分・・・5%

 

取引金額が5億円を超え10億円までの部分・・・4%

 

取引金額が10億円を超え50億円までの部分・・・3%

 

取引金額が50億円を超え100億円までの部分・・・2%

 

取引金額が100億円を超える部分・・・1%

 

 

なお、この取引金額の算出には2種類があり、実際の取引価額である譲渡金額基準、移動した総資産(負債+純資産)基準です。

 

 

また、取引金額を株価から算出するエクイティレーマン方式というものもあります。


全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.