1. 経営のことなら経営1000略
  2. >相対方式とは

用語集

相対方式とは

2018/04/23

M&Aの進め方のひとつで、売り手企業が1社ずつ順に買い手候補企業と交渉を行ない、提示された条件が売り手にとって満足のいくものであった場合に売買契約が締結されるというものです。

 


この相対方式は良い相手に恵まれれば最初の1社で契約を締結することができるなど、オークション方式と比べて要する時間を節約することができるというメリットがあります。また、交渉により売り手に合った条件をすり合わせることもできます。

 


中小企業のM&Aは相対方式で行なわれる場合が多くなりますが、相対方式ではどれだけ早く良い買い手と交渉できるかがポイントとなるため、依頼するM&A仲介業者の選定も重要なポイントとなることに注意が必要です。


特集記事

  • 担当者と手数料について
  • 専任専属契約について
  • 500万円以下のM&Aという選択肢
  • ミツカル

全国で無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2021 BIZIGN. All Rights Reserved.