1. 経営のことなら経営1000略
  2. >事業譲渡とは

用語集

事業譲渡とは

2018/04/02

会社の事業を第三者に譲渡・売却することを指します。

 


この場合に譲渡される対象は、事業を行なうのに必要なモノ(商品や生産設備)、ヒト(人材)、権利(ノウハウやブランドなど)、資金、債務などと定められています。

 


事業譲渡は売買契約や賃貸借契約によって個別に行なうことができるため、会社の事業をすべて譲渡することも一部だけを譲渡することも可能となっており、会社の経営権を譲渡させる株式譲渡と比較して、一部の事業だけを売却する場合や債権を切り分けて譲渡したい場合などによく用いられます。

 


ただし事業譲渡をした場合、同じ事業を行なうことが制限されますので注意が必要です。


この記事を読まれた方は、下記の記事もおススメです。

特集記事

  • 担当者と手数料について
  • 専任専属契約について
  • 500万円以下のM&Aという選択肢
  • ミツカル

全国で無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2021 BIZIGN. All Rights Reserved.