1. 経営のことなら経営1000略
  2. >ベンチャーキャピタルとは

用語集

ベンチャーキャピタルとは

2018/05/02

主に未上場のベンチャー企業に投資して株式を取得し、将来的に上場など株式価値が高まったところで売却し大きな利益を得ることを目的とした投資ファンドを指します。

 

 

投資したベンチャー企業が成長し上場できるように、投資はもちろん、ベンチャーキャピタル自身が企業の経営に関わりコンサルティングを行なうことも少なくありません。

 

 

大きなリターンが期待できる一方で上場に至らず廃業するベンチャー企業も多いため、ハイリスク・ハイリターンの投資を行なうファンドです。

 

 

一方でベンチャー企業にとっては、実績や担保力がなく金融機関からの融資が望みにくい創業期において、資本提供を行なうベンチャーキャピタルは大きな助けとなります。

 

 

上場を目指すベンチャー企業にとって、ベンチャーキャピタルとどのようにつながるかが重要です。


特集記事

  • 担当者と手数料について
  • 専任専属契約について
  • 500万円以下のM&Aという選択肢
  • ミツカル

全国で無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2021 BIZIGN. All Rights Reserved.