1. 事業引継コンサルティング
  2. > コラム
  3. > 会社売却の検討段階
  4. > 具体的に費用はどの程度かかるのか?

会社売却の検討段階

具体的に費用はどの程度かかるのか?

 

回答
基本的には売手企業で費用かかかることはありません。
会社によって成功報酬のみか着手金、中間金を頂く企業はあります。

 

 

会社の売却ではどのような費用とは

 

 

会社の売却では具体的にどのような費用がかかるのでしょうか?

 

 

答えは、基本的には費用はかかりません。

 

 

ご相談を依頼する会社によって、着手金を頂いたり、完全成功報酬のみの報酬が発生したりと、それぞれの企業によって報酬の費用は異なります。

 

 

 

大まかな目安として

 

 

会社を売却する対価として1億円以上の対価を得たいと考えているのであれば、おおよそ500万円程度の費用は必ず成功報酬として発生します。

 

 

1億円以下の対価を得たいと考えているのであれば、350万程度の成功報酬は必ず発生すると考えておいた方がいいでしょう。

 

 

ご自身の会社に合ったアドバイザリー会社を知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

成功報酬以外に費用は本当に発生しないのですか?

 

 

基本的には発生しません。

 

 

仮に会社を売却する際の契約書などを弁護士などにチェックして頂きたい場合は、別途費用が発生します。

この辺りは、どの程度リスクを回避したいのかということで売手側の企業もかけるコストは変わってきます。

 

 

その他、費用と考えるかどうかは別として、会社の売却方法が株式譲渡であれば、株式売却益に対する税金、事業譲渡であれば、会社の利益になりますので、利益分の消費税、法人税は発生します。

 

 

係る費用、税金関係の費用なども考慮した上で、譲渡代金を決定する(手残りでいくらは残しておきたいのかを決める)ことをお勧めします。

 

 

 

 

結論

 

 

依頼する会社によって金額は変わりますが、着手金、成功報酬以外に特別な費用は発生しません。

 

 

契約書のチェックなどリスク回避をしっかりと行いたいと考える方は、別途弁護士費用などは発生しますが、あくまでも経営者の判断であり、必ず発生する費用ではありまえん。

 

 

参考に当社の料金体系はこちらご覧ください

 

 

全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.