1. 事業引継コンサルティング
  2. > コラム
  3. > 会社売却の検討段階
  4. > そもそも会社は売却できるのか?

会社売却の検討段階

そもそも会社は売却できるのか?

 

回答
条件はありますが、どの企業も会社売却の可能性はあります。

 

 

会社は売却できるのか?

 

 

M&Aや会社の売却という話を最近よく耳にするがホントにできるのか?

その様に思っている経営者の方は非常に多いのではないでしょうか?

 

 

答えは

 

できます!

 

 

どの企業でも会社の売却ができる可能性はあります。

 

 

もちろん、会社の状況によって

・すぐに売却できる

・高値で売却できる

というのはそれぞれで違うのは当然です。

 

 

 

では、当社は売却できますか?

 

 

従業員がいて、会社として運営できている状況であれば、会社が売却できる可能性はゼロではありません。

 

 

単純な会社の価値を判断するには、利益が出ているかどうかが大きな分かれ目になります。

 

 

利益が出ているのであれば、売却できる可能性は十分にあります。

 

 

業種、従業員数、借入の額など様々な状況によって価値は変わってきますが、会社が売却できるかどうかでいえば、可能性はあります。

 

 

しかしながら、会社の評価は単純に利益が出ている出ていないで決まるものではありません。

 

 

赤字でも十分に売却は可能です

もちろん売却できる確率が低くなるのは否めません。

 

 

しかしながら、会社の赤字の原因、改善の可能性を導き出し、売却の可能性を上げることは十分に可能です。

 

 

当社であれば、赤字会社の売却のノウハウ、理解ある買手企業と多くお取引をさせて頂いておりますので、他社よりも売却の可能性はかなり上がります。

 

 

 

 

結論

 

 

●どの会社でも売却の可能性は十分にあります。

 

●また、赤字会社の売却も当社であれば十分に可能です。

 

 

 

その理由は当社の方針をご覧ください

 

 

 

 

※休眠会社や従業員がおらず稼働していない会社については、当社での売却の取り扱いは行っておりません。

また、その様な企業の売却もリスクが大きいので、そういった企業については、今回の内容からは除外して記載させて頂いております。

全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.