1. 経営のことなら経営1000略
  2. >基本合意書とは

用語集

基本合意書とは

2018/11/03

M&Aの交渉がある程度進んだ段階で締結される、売り手と買い手が現時点におけるM&Aの諸条件に合意することを確認するための契約書を指します。

 

LOI(Letter of Intent)と呼ばれることもあります。

 

 

基本合意書で取り交わす内容は主に次のようなものになります。

 

 

【取引基本条件・譲渡価格・今後のスケジュール・デューデリジェンスに関する取り決め・独占交渉権の付与・その他合意事項】

 

なお、基本合意書段階ではまだデューデリジェンスが終わっていないため、独占交渉権や機密保持条項以外には法的拘束力を持たせないことが一般的となっています。

 

 

なお、独占交渉権は売り手が他の買取希望会社との交渉を禁じるもので、買い手が基本合意書を締結する目的はこの独占交渉権を獲得することです。この契約を一方的に破棄するとペナルティが課せられる場合もあります。


特集記事

  • 担当者と手数料について
  • 専任専属契約について
  • 500万円以下のM&Aという選択肢
  • ミツカル

全国で無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2021 BIZIGN. All Rights Reserved.