1. 会社売却コンサルティング【ミツカル】
  2. > コラム
  3. > 用語集
  4. > リスケジュール(リスケ)とは

用語集

リスケジュール(リスケ)とは

ある債務について既存の返済計画を見直し、債権者に返済額の減額や返済期間の延長、据置期間の設置などの便宜を図ってもらうことを指します。

 

 

債務の返済が膨らみキャッシュフローを圧迫している状態が続くといずれ債務超過となり、債務不履行により会社が破たんしてしまいます。

 

 

これを防ぐために返済計画を見直し無理のない債務返済へ変更するのがリスケジュールです。

 

 

リスケジュールのためには、まず新たな返済計画に基づいた資金繰り表とそれを実現する事業計画書の作成を行ないます。

 

 

その後、金融機関へそれをもとにリスケジュールすることで債務が確実に回収できると交渉することになります。

 

 

なお、リスケジュールは資金繰り改善の最終手段であり、これを行なった場合は金融機関などの債務者区分(格付け)は要注意先や破たん懸念先などに変更されます。

 

 

もちろんリスケジュール中は金融機関からの新規借入れはできなくなりますので注意が必要です。


全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.