1. 事業引継コンサルティング
  2. > コラム
  3. > 代表コラム
  4. > 会社を売却する際に考えることvol.2

代表コラム

会社を売却する際に考えることvol.2

第2回目
その値段(価格)であなたが買わないなら買い手企業も買わない!?

 

 

みなさんこんにちは。

ミツカルの松原でございます。

 

 

M&Aにおける売り手様の主要な、いや最大の関心事は、

自身の事業や会社がいくらで売却することが可能なのか?

だと思います。

 

 

業界的には、これをバリエーション(企業評価)などといい、

所謂公知のバリエーションの算定式なども複数存在します。

 

 

バリエーションの算定式については、詳しく書けばキリがないので、

別の機会にまた改めたいと思います。

 

 

例えば、我々が売り手様からいただいた情報に基づき、

バリエーション算定式で対象事業・企業の価値(売却価格)を2億に算定したとします。

 

 

売り主様にその価格を提示して、それでOKという売り主様は稀です。

 

 

売り主様が自身の事業や会社を売却したいと考える希望価格は、

バリエーションのようなロジックではありません。

“想い”なのです。

 

 

それはそれで、全く問題ありません。

その“想い”の価格が、マーケットで計算されるバリエーションの数字と乖離がないか

ということを確かめるのが我々のバリエーションのファーストステップだからです。

 

 

ただ、気をつけなければならないのは、

いくら“想い”があっても、買手企業に買っていただかなければ全く意味がありません。

 

 

我々の行うファーストバリエーションで、3,000万円と算出(そしてそれは、買手企業が側の同様な値の計算結果がでる)されたものが、

マーケットで、2億円で売れることはまず、ありません。

 

 

このように、“想い”の価格とバリエーションの乖離が大きい場合、

私は次のようなことを売り主様に問いかけます。

 

 

「社長なら、この事業・企業(つまり自社)をあなたが提示した“想い”の価格で購入しますか?」と。

 

 

M&Aは買い手様からすると慈善事業ではなく純粋な事業投資です。

投資した資金は必ず回収して、且つ、M&Aをしなかった場合以上の利益を出さないといけません。シビアです。

(いずれ詳しくお話いたしますが、シビアですが、優れた買い手様は、プレミアをつけて買収する傾向があります。)

 

 

売り主様ご自身が、ご自身に提示されたら、絶対に買わないという“想い”の価格では、

買い手企業も買うことは絶対にありません。

 

 

事業や会社のご売却をお考えの経営者様。

その“想い”の価格でご自身なら買いますか?

会社売却をする前に自問してくださいませ。

 

 

勿論、我々が売り手様側のアドバイザーの場合は、

どのようにして価値を上澄みできるかが重要な業務であり、そのように日々精進して参ります。


全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.