1. M&Aを検討するなら【ミツカル】
  2. > アドバイザリー会社を選ぶポイント
  3. > あなたにおすすめのグループB

相談会社診断シート

判定結果あなたにおすすめのグループ
グループB

グループ B

取引金融機関(大手地方銀行)が行っている部署

最低報酬額
500万円~
譲渡代金の平均値
1億円程度
取扱い企業の特徴
・売上規模は5億円程度
・純資産はプラス(債務超過ではない)
・金融機関借入 月商の3か月以内
・依頼する企業が抱える問題 後継者がいない
メリット
● 買手企業は銀行と取引がある企業なので、買収資金など心配は必要ない
● 情報の管理、手続きの進め方など安心感はある
デメリット
● 買手先が取引先企業に縛られる
● 業績が良ければ問題ないが、業績不振などを理由に会社の売却を相談すると取引面でマイナスの影響が出る可能性は否定できない
● 営業力、案件処理スピードという面では、他のグループには劣る
このグループに向かない企業
● 金融負債が大きい企業
● 希望する譲渡代金が1億円未満
● 売上高が5億円未満
● 業績不振(赤字)の企業

基本的には、自社がメイン取引を行っている銀行へ依頼する場合が多いです。

金融機関への相談ということで言えば、自ら相談するというよりも、担当者との会話の中で、金融機関から今後についての提案があるというケースが非常に多いです。
やはり、自ら銀行へ相談することによるデメリットがあると経営者の方は考えている場合が多いです。

その他、案件の内容については優良企業の取り扱いが多いです。
その理由は、そういった企業に対してのみ銀行の担当者が提案を行っていることが多いからです。

一括りに銀行と言っても大手地方銀行と第二地銀、関東圏の信用金庫などもM&Aの専門署がありますが、取扱いの案件自体はもう少し少額の案件になります。

相談することに対して不安があるのであれば、自ら銀行へ相談すること自体は慎重に判断することをお勧めします。

具体的なM&A会社

  • 山田コンサルティンググループ

    山田コンサルティンググループ

    会社の特徴

    大手の山田グループの1つでM&Aや事業承継の案件を取り扱っている。
    母体がコンサルティングであるため、経営戦略からM&Aの実行支援、PMIを一環してサポートできる会社。

    公式サイトへ

  • 事業承継総合センター

    事業承継総合センター

    会社の特徴

    リクルートが母体の会社。
    事業承継を中心にM&Aの案件を取り扱っており、全国のM&A会社とのネットワークを利用して、事業承継のサポートしている会社。

    公式サイトへ

ご入力いただいた内容で
無料相談をお申込みいただけます。
最大3回まで無料!


 
グループA
グループB
グループC
グループD
最低報酬額
1,000万円~
500万円~
500万円~
150万円~
譲渡代金の平均値
2億円程度
1億円程度
3,000万円程度
1,000万円程度
取り扱い企業の売上げ規模
10億円以上
5億円程度
2、3億円程度
債務超過でも可
金融機関借り入れ
月商の2か月以内
もしくは現預金の範囲内
月商の3か月以内
月商の5か月以内
月商の6か月以内
純資産
純資産が1億円以上
純資産はプラス
(債務超過ではない)
純資産はプラス
(債務超過ではない)
依頼企業が抱える問題点
後継者がいない
後継者がいない
・後継者がいない
・会社の先行き不安
・コア事業への選択と集中
・後継者がいない
・会社の先行き不安
・業績不振
その他
株式譲渡以外に事業譲渡での売却方法も選択肢
具体的なM&A会社
・日本M&Aセンター
・ストライク
・山田コンサルティンググループ
・事業承継総合センター
・かえでフィナンシャルアドバイザリー
・インテグループ
・事業引継支援センター
・TRANBI

売上規模の大小、借入の有無、希望される譲渡代金など、それぞれの企業にあった会社へ相談することが望ましいです。
その中で、自社にあった企業を選択することが会社の売却で成功する第一歩になります。

最後に当社の特徴もお伝えしておきます。

「何のための、誰のためのM&Aなのか?」を追求

1件1件ご依頼頂いたM&A案件に対して、責任をもって対応させて頂くため、

M&A業界特有の最低報酬額の設定を当社は採用しません!

最低報酬額
当社は最低報酬制度を採用していません
譲渡代金の平均値
1,000万円~程度
取扱い企業の特徴
・売上規模は1,000万円程度~
・債務超過でも可
・金融機関借入 月商の6か月以内
・依頼する企業が抱える問題 後継者がいない、会社の先行き不安、業績不振
・株式譲渡以外に事業譲渡での売却方法も選択
メリット
● 企業規模や経営状況などは関係なく対応して頂ける
● 個人事業主でも対応可
デメリット
● 売却の依頼を行う際は、着手金が発生します
※返金保証制度は準備しています(詳しくは当社の料金体系をご覧ください)
● ご依頼頂いた場合でもお断りすることもございます
● 別の選択肢がご依頼主様に適していると判断した場合は、会社の売却以外のご提案になる可能性もあります(選択肢を多数提供)

当社の返金保証制度

●着手金の100%を返金

アドバイザリー契約締結後一カ月以内にお客様の方から契約解除の申し出があった場合、 いかなる理由であれ着手金の100%を返金致します。

●着手金の50%を返金

アドバイザリー契約締結後、2ヶ月~3カ月以内に下記の理由によりお客様の方から 契約解除の申し出があった場合着手金の50%を返金致します。

・案件概要書等、売買に必要な資料提供が行えていない
・買手候補との面談が実行されなかった
・当初想定したいた結果が望めないと判断した
を当社が満たすことができなかった場合

※3カ月目以降に関しましては返金制度の適用はできませんので予めご了承ください。

返金保証を採用した理由
このグループに向かない企業
・10億円以上の事業承継案件
・譲渡代金が2億円以上
グループAの案件については、ご依頼あれば対応はしますが積極的に取扱いを行っておりません
当社の方針

ご依頼主様に対して誠心誠意ご支援させて頂きます。

全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.