1. 事業引継コンサルティング
  2. > コラム
  3. > 会社売却の検討段階
  4. > 会社を売却したら経営者・社員はどうなるのか?

会社売却の検討段階

会社を売却したら経営者・社員はどうなるのか?

会社売却をした場合の従業員(社員)の処遇

 

会社売却をした場合に、

現在の会社で働いている従業員(社員)の処遇がどうなるのか。

 

 

これは会社売却を考える経営者の方にとって、

気になっている点ではないでしょうか?

 

 

特に、今まで長く会社を支えてきてくれた従業員(社員)については、

会社売却によって自分が経営者から退いた後でも、

良い環境で元気に働いて欲しいと思うものです。

 

 

従業員(社員)の処遇は、会社売却の方法によって異なります。

 

 

特に、

株式譲渡などによる方法ではなく、事業譲渡による場合、

従業員(社員)の処遇は「旧会社を退職し、

新会社で新たに雇用される」という形が取られることが多くなります。

 

 

しかし多くの場合、

会社売却によって新しい経営者に引き継がれた場合でも、

従業員(社員)は全員引き継がれ、

処遇も当面の間は従来通りというケースが一般的です。

 

 

これは、会社売却などによる友好的な経営譲渡においては、

従業員(社員)の士気を落とさないような形で会社を

引き継ぐことがその後の経営にとっても大事であるためです。

 

 

したがって、

すぐに大幅な人員削減をしたり、

給与水準を切り下げたりということはほとんどありません。

 

 

従業員(社員)を守るためにも条件はしっかりと

 

 

ただし、会社売却の後の経営権は譲渡先に移ります。

 

 

そのため、上記のように従業員(社員)の処遇が

守られるかどうかは譲渡先に任されることになります。

 

 

また逆に、事前に従業員(社員)に対してしっかりと

会社売却への理解がされていないと、

譲渡先との関係が後に悪化する場合もあります。

 

 

そのため、

後にトラブルにならないように、譲渡先と売却の条件を交渉する際に

現在の従業員(社員)の処遇についても合意し、

明確に契約をしておくことが望ましいでしょう。

 

 

また同時に、従業員(社員)に対しても会社売却について

しっかりと説明をし、理解を求めることが重要です。


全国に無料相談を承ります。

ご相談は無料です。お気軽にお声かけください。

Copyright© 2018 BIZIGN. All Rights Reserved.